UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協議会 お問い合わせ

UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協協議会
UMTPについて
セミナー・イベント情報

認定試験
認定試験合格者の声
モデ脳検定
UMTP基準準拠認定
UMLモデリングリソース(資料室)
入会について
お問い合わせ
個人情報保護方針
アイコン
組込みモデリング部会

組込みモデリング部会
主査: 株式会社エクスモーション 渡辺博之氏
副主査: 株式会社エクスモーション 芳村美紀氏
設立年月日: 2009年11月

活動目的:  組込み業界のUMLモデル活用の促進とモデラの育成支援
メンバ:
  一緒に活動していくメンバを常時募集しています。ご希望の方はUMTP事務局
     umtp-sec@umtp-japan.org
  まで連絡してください。
◆参加推奨者
   ・UMLによるモデルベース開発を実施中(あるいは実施希望)の開発者
   ・モデラ育成を実施中(あるいは実施希望)の教育担当者
◆参加資格
   ・UMTP会員またはUMTP認定試験L3取得者(それ以外の場合でも、ビジターで参加可能です)
活動内容:
組込み部会の活動内容は、対象者のスキルレベルにより「小さなモデル」「組込みモデリングカタログ」の2種類に分かれます

◆小さなモデル(ライトなモデル)

 UMLモデリング未経験者・初心者向けに、モデリングのコツをマスターするための小さなモデルを問題集としてリリースしています。 2014年〜現在の活動となります。


◆組込みモデリングカタログ

組込み機器の製品やドメインを対象に、分析・設計モデルを作成しカタログ化したもの。 カタログの成果物はPDF版とEnterprise Architect版があり、モデルそのものを利用者が活用し、自身の開発に役立てることができます。 また、カタログを使っての勉強会の運営について記載したドキュメントもあります。 2009年〜2012年の活動です。



 これらの成果物の作成やレビューを、月に一度、東京のエクスモーション会議室で集まって行います。
それ以外はメーリングリストを使ってネット上で情報交換しています。

 月例会…毎月第一金曜 18:00-20:00 エクスモーション会議室(東京都港区芝5-33-7徳栄ビル9階)
※遠方にいる場合は、SkypeやGoogleHangoutを使っての参加が可能です。
◆小さなモデル(ライトなモデル)
カテゴリモデル名ダウンロード
ゲームブラックジャック問題
解答例
神経衰弱問題
解答例
七並べ問題
解答例
どうぶつしょうぎ問題
解答例
すごろく問題
解答例1
解答例2
生活カレンダー問題
解答例
組込み機器キッチンタイマー レベル1〜4問題&解答例
キッチンタイマー レベル1問題
解答例
キッチンタイマー レベル2問題
解答例
キッチンタイマー レベル3問題
解答例
キッチンタイマー レベル4問題
解答例
歩数計問題
解答例
すべてのファイルを圧縮したもの    全ての問題&解答例
◆組込みモデリングカタログ
(1)カタログの目的
 組込み向けUMLモデルカタログは、生産性や品質向上といったUMLモデルの恩恵を受けられるようなモデルを、開発現場で主体的に作れ るようになるために、開発現場でそのまま使えるモデルや、お手本になるようなモデル(とモデルの作り方)を提供することを目的としました。

(2)カタログの使い方
 カタログは、主に開発する際のモデリングの参考として、あるいは、モデリング教育の素材として使われることを前提としています。

(3)カタログの構成

 カタログは「製品編」「機能編」「部品編」に分かれています。「製品編」は開発システム全体のカタログとなっており、「機能編」は多くの製品に共通して搭載されるような機能のカタログになっています。そのため、「製品編」の一部を「機能編」で解説している場合もあります。「部品編」は、より汎用的な、ライブラリとして使用できる部品を掲載しています。この部品は、「機能編」の機能でも「製品編」の製品でも、使用することができます。
 また、カタログには、要求仕様に対して複数のアプローチでモデリングした結果を掲載しています。
 各要求仕様に対して複数のモデル、各モデルには分析モデルと設計モデル、モデルに至ったコンセプトが掲載されています。


(4)ダウンロード
 UMLモデルカタログは、全体を網羅した「カタログ」ファイルと、個々のモデルについて詳しく記述した「モデル解説書」ファイルに分かれています。カタログファイルには、モデリング対象の概略と、モデル全体が見渡せる少数のモデル図を抜粋したものが含まれています。モデル解説書には、1つのモデルについての全情報が含まれています。また、場合によってはEnterprise Architectのモデルファイルが付属しています。
  • モデルカタログ → ダウンロード
  • 各モデル解説書/EAモデルファイル → 以下のモデル一覧よりダウンロードできます
 また、Enterprise Architectモデルファイルを閲覧するために、スパークスシステムズ ジャパン株式会社様よりUMTP専用の機能限定版Viewerを提供頂いています。Enterprise Architectをお持ちでない場合にはご利用ください。
 UMLモデルカタログを題材として、実際にモデリングを行う勉強会の進め方を「勉強会ガイド」としてまとめました。

(5)カタログ掲載モデル一覧
カテゴリ要求仕様概要掲載モデルダウンロード
製品編孔版印刷機低コストで大量の印刷物を作成することを実現する印刷機・エンティティに着目したモデル
(自己診断機能の活用例を提示)
モデル解説書
電子オルゴールオルゴールの発音操作をソフトウェア制御する、曲の自動演奏装置・エンティティに着目したモデルモデル解説書
EAモデルファイル
インライン装置工場の生産ラインなどで使用される、上流から下流に向かって、製造物や検査品を搬送/処理する装置・ドメイン構造に着目したモデルモデル解説書
EAモデルファイル
エアコン室内の温度(室温)と湿度を調整する空調装置・熱交換の原理に着目したモデル
・ソフトウェアで制御する対象に着目したモデル
モデル解説書
EAモデルファイル(熱交換の原理に着目したモデル)
EAモデルファイル(ソフトウェアで制御する対象に着目し たモデル)
交通ICカードチャージ機鉄道の乗車などに利用できるICカードにお金をチャージするための装置・BCE パターンを用いたモデルモデル解説書
EAモデルファイル
"紙芝居"ファイル
機能編認証ユーザを識別し、ユーザ毎に適切なサービスを提供したり、記録を取ったりする機能・機能に着目したモデル
・エンティティに着目したモデル
・状態に着目したモデル
モデル解説書
自己診断組込みシステムにおいては、システムを構成するデバイスのチェックを行い、結果をレポートする機能・エンティティに着目したモデル
・メタファを使ったモデル
モデル解説書
部品編目標制御制御対象の測定値が目標値となるように制御する仕組み・エンティティに着目したモデル
・役割に着目したモデル
モデル解説書
EAモデルファイル
プログラム更新機能組込み機器の複数のプログラムを、依存関係を解決し動的に更新す る機能・エンティティに着目したモデルモデル解説書
EAモデルファイル

(6)2012年4月版での制約
 PSMモデルについては、何を想定するか議論が尽くされておらず、今回は掲載を見送りました。

(7)今後のモデル候補
 今後作成する予定のモデルには以下のようなものがあります。
カテゴリ候補状況
製品編エアコン作成中
ゲート装置アイデアのみ
電子ポットアイデアのみ
交差点交通信号制御装置アイデアのみ
デジタルフォトフレームアイデアのみ
セットトップボックスアイデアのみ
業務用音声再生装置内蔵スピーカアイデアのみ
電卓アイデアのみ
機能編早押判定装置アイデアのみ
部品編プログラム更新機能作成中
近距離無線通信の制御アイデアのみ
ステッピングモータ制御アイデアのみ
ウォッチドッグタイマ(WDT)アイデアのみ
 これらのモデルに興味のある方、その他にも作ってみたいモデルのアイデアがある方は、是非、部会の活動にご参加ください。

(8)UMTP組込みモデリング部会カタログ作成メンバ
※あいうえお順、敬称略。社名は参加当時のもの
池下 弘之(日本電気株式会社):L3認定取得者
石井 基樹(株式会社JVCケンウッド):L3認定取得者
石滝 智洋(オリンパスソフトウェアテクノロジー株式会社):L3認定取得者
石田 晴幸(株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ):L3認定取得者
大嶋 主悦(株式会社豆蔵)
大森 淳夫(パイオニア株式会社)
小黒 登行(株式会社豆蔵):L3認定取得者
金子 翔(アドソル日進株式会社)
栗田 道広(スター精密株式会社)
河野 岳史(スパークスシステムズジャパン株式会社)
小林 健一(株式会社豆蔵)
品川 正彦(株式会社日立インフォメーションアカデミー)
清水 鉄矢(オリンパスソフトウェアテクノロジー株式会社):L3認定取得者
白神 一久(株式会社富士通システム統合研究所)
新家 了訪(株式会社テイジイエル):L3認定取得者
鈴木 茂(株式会社オージス総研):L3認定取得者
高原 大樹(アドソル日進株式会社):L3認定取得者
時田 大介(スター精密株式会社)
西口 敦子(NECラーニング株式会社)
畑 理介(株式会社オージス総研)
羽生田 栄一(株式会社豆蔵)
古谷 聡(日本プロセス株式会社):L3認定取得者
松嶺 恭守(理想科学工業株式会社)
宮崎 崇(ムトーアイテックス株式会社):L3認定取得者 L3合格体験談
山本 裕行(株式会社日立インフォメーションアカデミー)
芳村 美紀(株式会社エクスモーション):副主査
力武 克彰(仙台高等専門学校):L3認定取得者
渡辺 博之(株式会社エクスモーション):主査

 ご意見、ご感想をお寄せください。
 モデルカタログを読まれた方、また実際に開発やトレーニングなどに使われた方は、ご感想、ご意見、用途などをお寄せください。今後、拡充して行く際の参考にさせていただきたく存じます。
 送付先: UMTP事務局  umtp-sec@umtp-japan.org

2015年度活動報告
・活動目標:ライトなモデルによる初心者・初級モデラの育成支援
・活動成果:
 (1) ライトなモデル問題&解答例の作成(9個のモデルをリリース)
 (2) ライトなモデルを使ったワークショップの開催(2015総会およびMF2015 において)
 (3) 新規メンバーの参画

ワークショップ風景

2016年度活動予定
 ライトなモデルによる初心者・初級モデラの育成支援
 (1) ライトなモデル問題&解答例の作成とリリース
 (2) ライトなモデルの普及活動
   ETロボコンの技術資料として活用  (3) ライトなモデル問題を使ったセミナーの実施


2014年度活動報告
・活動目標:組込み業界のUMLモデル活用の促進とモデラの育成支援
・活動成果:
 (1) モデリングに関心を抱いてもらう層を増やすため、理解しやすいライトなモデル問題と回答例作成
 (2) プラットフォームに特化した具体的なモデル( Platform Specific Model)の作成と実装
 (3) カタログモデルのリリース



2013年度活動報告
・活動目標:カタログの知名度向上とカタログのリリース
・活動成果:
(1) カタログのリリース
    モデルカタログを1種類以上リリースする目標で取り組み、3種類のリリースを実現
(2) カタログ活用促進のための勉強会の実施
(3) カタログ認知度向上のためのセミナー&ワークショップ開催

ワークショップ風景



2012年度活動報告
・活動目標:カタログ第三版の発行
・活動成果:
(1) カタログ第三版の発行(2013年1月23日発行)
   ・カタログに8種13モデル掲載
   ・部会への講師招聘による事例収集
   ・Agile2012(米国開催)参加者からの情報収集。
(2) カタログ活用促進セミナーの開催
   12月14日秋葉原UDX GALLERYにて開催

グループ討議風景

カタログの知名度向上とカタログのリリース
(1) カタログのリリース (1回以上を目標)
(2) カタログ活用促進のための勉強会の実施
長期的活動
 インフラ構築とコミュニティーの立ち上げによる「みんなで作るカタログ」の実現と「カタログモデルの流通化」を目指す


2016年5月
UMTP組込みモデリング部会

Copyright(c)2003-2015 consortium for UML based Modeling Technologies Promotion All Rights Reserved.