UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協議会 お問い合わせ

UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協協議会
UMTPについて
セミナー・イベント情報

認定試験
認定試験合格者の声
モデ脳検定
UMTP基準準拠認定
UMLモデリングリソース(資料室)
入会について
お問い合わせ
個人情報保護方針
アイコン
トレーニングテキスト認定

UMLモデリング推進協議会では、下記の内容においてUMLモデリング技能認定試験のトレーニングテキストとして有益な書籍の認定を行っております。

認定テキストを使ったトレーニングコース

1 認定の概要
UMLモデリング技能認定試験の受験者にとって、有益なトレーニングテキストであることを認定するものである。

2 認定の対象
UMTP会員及びUMTP非会員を対象とする。

3 審査料金
無償とする。

4 審査対象
L1: 試験の対象となるUMLの要素がテキスト中で解説されているかを審査する。
テキスト中に登場するUMLの用語がUMTP基準用語と合っているかを審査する
L2: 試験の対象となるモデリングの知識についてテキスト中で解説されているかを審査する。
テキスト中に登場するUMLの用語がUMTP基準用語と合っているかを審査する。

※それぞれの審査項目については、下記「3.申請時にご提出いただくもの(3)項目チェック表」をご参照下さい。


5 審査の流れ
  1. 認定希望者は、審査項目およびUMTP基準用語と審査対象となるトレーニングテキストの内容をUMTPが提示するフォーマットに従ってマッピングする。
  2. 上記マッピングした資料とトレーニングテキストをUMTP事務局に提出する。
  3. UMTPテキスト認定審査委員は 認定審査を行う。
  4. UMTP事務局から認定希望者に対し、審査結果を通知する。
    (認定却下の場合、UMTP事務局より認定希望者に対して修正すべき箇所をご連絡いたします。)

6 認定基準
L1:審査項目に対応する内容が、90%以上カバーされていること。
L2:審査項目に対応する内容が、90%以上カバーされていること。

7 認定ロゴの使用
認定審査に合格したテキストは、UMTP認定のロゴを使用することができる。

8 申請時にご提出いただくもの

1.下記事項を記載した申請のメールまたは文書
・掲載者:会社名(団体名)、代表者氏名
・掲載者連絡先:住所、電話番号、FAX番号
・担当者氏名、メールアドレス
・トレーニングコース名、テキスト名

2.トレーニングテキスト
原則として印刷されたもの2部(電子ファイルもお願いする場合があります。)
3.項目チェック表
L1:L1項目チェック表 ver2.1b UML2.0対応(2007/08/01更新)
ダウンロード

L2:L2項目チェック表 UML2.0対応
ダウンロード
※項目チェック表はEXCELファイルとなります。(L1:25KB、L2:20KB)
※右クリック-「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。
※ファイルについては、細心の注意を払ってウイルスチェックを行っておりますが、万一のためウイルス対策ソフトにて、ダウンロードしたファイルのウイルスチェックを行うことをお勧めします。
4.UML用語一覧対応表
「モデリング用語集 UML編 第2版 UML2.0対応(PDFファイル 692KB)」
ダウンロード

※使用する用語について”UMTP基準準拠”の認定を受けていない場合、ご確認下さい。

※UMTP基準準拠認定の手順については、こちらをご覧下さい。

2007年8月1日


前のページ
UMTP基準準拠表示
コンテンツのトップ 次のページ
認定コンテンツ

Copyright(c)2003-2015 consortium for UML based Modeling Technologies Promotion All Rights Reserved.