UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協議会 お問い合わせ

UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協協議会
UMTPについて
セミナー・イベント情報

認定試験
認定試験合格者の声
モデ脳検定
UMTP基準準拠認定
UMLモデリングリソース(資料室)
入会について
お問い合わせ
個人情報保護方針
アイコン
UMTP基準準拠表示

UMLモデリング推進協議会では、下記の手順において製品・書籍等における“UMTP 基準準拠”表示の許可を行っております。

製品・書籍等における“UMTP 基準準拠”表示について

UML 製品、書籍、トレーニング、セミナー、ホームページなどにおいて、“UMTP 基準準拠”と明示する場合の手順について記述します。

1 掲載内容

 “UMTP 基準準拠” と記述する。
※UMTP の部分については、下記の記述。または混合したものでも良い。
  • Consortium for UML based Modeling Technologies Promotion
  • UML モデリング推進協議会
  • UMTP が提供するロゴ

2 掲載基準

  • 下記のUMTP の推奨する辞書に掲載している用語を利用していること。
    ・「モデリング用語集 UML編 第2.1版 UML2.1対応(Excelファイル 304KB)」
    ダウンロード
  • UMTP の設立趣旨に賛同頂けること。
  • UMTP のホームページのURL(http://www.umtp-japan.org/)をどこかに明示すること。
※掲載基準と異なることが判明した時点で、掲載許可を取り消します。

3 掲載手順

 (1)UMTP 事務局にメールまた文書で以下の項目を事前に届け出る。
  • 掲載者:会社名(団体名)、代表者氏名
  • 掲載者連絡先:住所、電話番号、FAX 番号、メールアドレス
  • 掲載する物:製品名、書籍名、トレーニング、セミナー、ホームページ
  • 掲載内容:掲載する文字列、ロゴ、掲載場所などの説明
  上記のExcelファイルに使用している用語を記入したものと一緒に
  基準準拠表示を希望するコンテンツを提出する。
 (2)UMTP 事務局は上記項目に抜け、漏れ、間違いが無いことを確認して、認定を認定委員に依頼する

 (3)UMTP の認定委員は以下の内容を確認し、認定する。
  • 掲載基準を守っていること(用語辞書利用については著しく逸脱がないこと)

 (4)UMTP 事務局はメールまたは文書で許可を与える。
以上

前のページ
用語標準
コンテンツのトップ 次のページ
トレーニングテキスト認定

Copyright(c)2003-2015 consortium for UML based Modeling Technologies Promotion All Rights Reserved.