UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協議会 お問い合わせ

UMTP/JAPAN 特定非営利活動法人UMLモデリング推進協協議会
UMTPについて
セミナー・イベント情報

認定試験
認定試験合格者の声
モデ脳検定
UMTP基準準拠認定
UMLモデリングリソース(資料室)
入会について
お問い合わせ
個人情報保護方針
アイコン
オフショア開発におけるUML適用事例紹介セミナー

オフショア開発におけるUML適用事例紹介セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オフショア開発におけるUML適用事例紹介セミナー開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年01月吉日
UMLモデリング推進協議会
オフショアソフトウェア開発部会

 現在、オフショアソフトウェア開発は、一般化してきましたが必ずしもプロジェクトが成功裏に終了するというところにはいたっていません。このような状況のなかで日本側の企業とオフショアソフトウェア開発企業との間の意思疎通の重要な手段としてモデリング技術が注目されてきています。
 当協議会のオフショアソフトウェア開発部会では、「オフショアソフトウェア開発を成功裏に終了させるために、モデリング技術をどう利用すればよいのか」を研究しています。研究の成果物として「オフショア開発向けUML適用ガイドライン」をリリースしました。
 本ガイドラインは、オフショアソフトウェア開発、特に業務アプリケーションの開発に焦点を当ててUMLをどのように適用すればよいかを具体的に説明しています。
 「オフショア開発向けUML適用ガイドライン」の普及活動の一環で、オフショアソフトウェア開発におけるUML適用事例を紹介するセミナーを2010年に実施しましたが、好評につき、本年も企画しました。今回は、販売基幹システムの開発、販売管理パッケージの保守、PCサーバ&装置の開発、映像配信システムの開発の4件の事例を準備いたしました。オフショアソフトウェア開発を実践されている方、これから取り組もうとしている方、UMLの適用を検討している方は、ぜひ参加いただきたく、よろしくお願いいたします。


【開催概要】
 名称オフショア開発におけるUML適用事例紹介セミナー
 会場秋葉原UDX GALLERY NEXT−2
 日程2012年2月10日(金)13時15分〜16時45分(受付開始12時40分)
 プログラム   2012年2月10日(金)13:15〜16:45
ご挨拶  13:15〜13:25
 UMTPオフショアソフトウェア開発部会主査挨拶



UMTPオフショアソフトウェア開発部会主査
技術士(情報工学部門)東京情報大学非常勤講師

中原 俊政 氏

講演1  13:25〜14:10
 オフショア利用による販売基幹システム開発でのUML適用事例



日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業
ITアーキテクト

吉田 亮氏 氏

【講演概要】
 社内フレームワークを利用したオフショア開発(Javaによるカスタム・アプリケーション開発)を例に、どのようにUMLやUML支援ツールを活用したか具体的に紹介する。この開発ではUMLを主に次のように活用している。
 ●UMLが有効となる場面においては、UMLツールや社内資産も活用して
  オフショア先に仕様や範囲を伝えた。
 ●UMLでカバーできない部分については事前定義した補足資料を作成し、
  それらをオフショア先と共有した。
 ●オフショア先に開発依頼する際の進捗管理やQ&A管理等の管理作業は
  事前に洗い出し、ツールを用いて情報共有できるよう対策した。

講演2  14:15〜15:00
 オフショアでの販売管理パッケージの保守におけるUMLの活用


富士通アプリケーションズ株式会社
技術開発部 部長

森崎 雅稔 氏

【講演概要】
 業務パッケージの基盤ソフトウェアの保守を、中国オフショアで実践した。業務パッケージの保守作業の大半は業務アプリケーション部分に集中しており、基盤部分の保守はスポット的な作業になりがちである。基盤部分の保守要員を継続的に確保するのが難しくなったプロジェクトで、オフショアによる保守に取り組んだ事例を紹介する。UMLをアーキテクチャの伝承に活用し、中国に渡航することなく作業を終えることができた。


休憩 15:00〜15:10
講演3  15:10〜15:55
 ベトナム・オフショアを活用したPCサーバー&装置開発


GKN代表

渡邉 弘平 氏


【講演概要】
 PCサーバー&装置開発案件でベトナム・オフショア活用した際のUML導入事例を紹介する。UMLと同時に使用したコミュニケーションツールの活用など、海外アウトソーシングでの課題解決への取り組みも紹介する。
UMLの導入は以下の目的のため実施した。
 ●仕様定義の曖昧な点を発見しやすくし、その修正を容易にすること。
 ●下流工程から参加する開発要員の仕様理解を容易にすること。
 ●上流工程から下流工程まで同じ開発環境を利用し設計の一貫性を
  作ること。

講演4  16:00〜16:45
 映像配信システムの開発事例


株式会社OKIソフトウェア 
情報ソリューション事業部 関西支社
システム第一部 部長

原田 恭宏 氏


【講演概要】
 オフショア開発において、どのようにUMLを活用したかを具体的に説明する。今回の開発事例ではインドのソフトウェア会社に対してプログラム設計〜プログラムテストまでの工程をオフショア開発として実施した。
 システム設計を日本側で行い、プログラム設計をオフショア側で実施する際の取り組み方、及びオフショア開発でプログラム設計にUMLを適用した場合のメリット・デメリットについての事例を紹介する。



※プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
 主催UMLモデリング推進協議会
 入場無料(事前申込制)
 対象者制限なし
 定員120名(定員になり次第締め切り)
 申込**申し込み画面**
なお受講票は発行しません。直接会場にお越しください。
その際、申込受付完了メールを印刷しご持参のうえ受付にご提示願います。
【会場へのアクセス】  秋葉原UDX GALLERY NEXT−2
UDXビル4階のイベント会場になります。
UDXビル正面左手のエスカレーターにて4階にお上がりください。



∞∞ お問い合わせ ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
UMTP 事務局
E-Mail:umtp-sec@umtp-japan.org
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


Copyright(c)2003-2015 consortium for UML based Modeling Technologies Promotion All Rights Reserved.